(この記事は個人的な主観やネタバレを含むのでご注意ください)

シーズン1からこのドラマを観ていて、一番「変わったなぁ」と感じているのがキャロルです。
27

夫のDVに怯えるか弱い女性が、シーズンを重ねるごとに強くなり、シーズン5ではターミナスを壊滅に追い込むキッカケをつくるなど、かなり強い女性に変貌を遂げています。

正直なところ、最初の印象では早い段階でいなくなるんじゃないかと思ってました。
だってあまりにも薄幸すぎたので(^_^;)w
旦那はDV男でローリやアンドレアに比べると影が薄くて出番も少なかったし。

ハーシェルの農場で、納屋から娘のソフィアがウォーカーとなって現れた後、悲観的になったキャロルが森の中でウォーカーに襲われて転化し、農場へ戻ってデールを襲って…みたいな流れとか。

グループの母親的存在として君臨していたけど、カレンたちを殺してしまった件で「キャロル終わったな」と思ったんですけど、ウォーキング・デッドの世界はそんなに甘くはありませんでしたねw

そして、リジ―とミカ姉妹の話は私の中で一番の衝撃でした。
観終わってからあんなに嫌な気分になったのはあの回だけです。
妹を殺して転化させようとしたリジ―。
彼女のために命を奪うことを決心したキャロル。
なんともやりきれないシーンでした。
ソフィアのようにウォーカーに襲われて転化してしまったのではなく、人間のまま人間に殺される幼い少女を見るのは、ドラマだと分かっていても子を持つ母親として辛いものです。
ああするしかなかったのは理解できますが、エンドロールが流れる中、夫と二人で「今回は嫌な話だったね…」と暗い気持ちになってしまいました(笑)
そしてまたキャロルは重荷を背負ってしまったんだな、と思いました。

結局その後リックたちと合流し、再び行動を共にするようになりますが、もとに戻っただけでなくより強い女性として存在感を誇示することに成功しています。
ターミナスを爆破したシーンでは女ランボーかと見紛うほどでしたw
00

その後、車に轢かれて病院送りになった時は「もしかしたらとうとう…」と嫌な予感がよぎりましたが、キャロルではなくベスが犠牲になりキャロルは仲間たちのもとへ。

今後の展開としてはカレンの件を知ったタイリースや、ダリルとのプラトニックな関係など、 何か進展があるのかないのか気になっております(^O^)
--------------------------------------- 

 にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村